脱毛 痛み 効果 我慢

脱毛ってどれくらい痛い?【脱毛と効果】痛みは我慢できるレベルなのか知りたい

脱毛と痛み

名古屋で全身脱毛をしたいと思っていても、「痛いのかな?」と心配していませんか? あれこれ考えはじめると、脱毛するのも躊躇してしまいますよね。

 

結論から言ってしまうと、脱毛はまったく痛くないということはありません。

 

女性からすれば、脱毛しないと薄着もできないし、脱毛しないというわけにもいかないですから、しないというわけにもいきません。毎日のムダ毛の処理は面倒です。

 

一回脱毛してしまえば、お手入れもほとんど必要ありません。やっぱりちょっと痛くても、とりあえずお試し、体験という感じで、一度は脱毛しておくといいです。脱毛せずにいるのはもったいないです。

 

 

施術方法によって痛みが違う

脱毛するなら、できるだけ痛くない施術方法を選びたいですよね。脱毛には、いくつか種類があります。

 

ニードル脱毛

ニードル脱毛は毛穴の1つ1つに、細い針を通し、毛根を壊していく脱毛方法です。かなりの激痛を伴います。

 

VIO脱毛の場合、痛みがかなりあるので、通うのをあきらめる人もいます。

 

レーザー脱毛

脱毛したい箇所にレーザーを当てることで毛根を壊していきます。輪ゴムではじかれたような痛みがあります。

 

脂肪があまりない人、毛が多い人ほど痛みが強くなります。

 

フラッシュ脱毛

脱毛用のジェルを塗って、光を当てることで脱毛していくのがフラッシュ脱毛です。レーザー脱毛と基本的には同じ仕組みですが、出力がレーザー脱毛よりも弱いので、痛みがあまりないことで良く知られています。

 

ただ、デリケートな部位は痛みを感じやすいですから、フラッシュ脱毛でも痛い場合はあります。

 

 

脱毛と効果について

痛みを感じやすい人とそうでない人がいます。脱毛の施術というのは毛をなくすために、毛根を焼くことになりますから、痛みは出てきます。『痛みがなければ、効果も薄い』と言われるのは、脱毛の仕組みからすれば仕方がないところです。

 

だからと言って、痛みを我慢しすぎるのはよくありません。無理して出力を上げると、火傷してしまいますから、気を付けたいところです。

 

 

脱毛で痛いと感じたらどうしたらいい?

 

レーザー脱毛の場合は、痛みを軽くするために、クリーム麻酔を塗ることがあります。麻酔が使えるのは医療機関のレーザー脱毛に限られていますが、麻酔があると脱毛もラクになります。

 

フラッシュ脱毛の場合は、冷却ジェルによって痛みを和らげることが多いです。

 

 

そして、痛みを感じたら、脱毛マシンの出力を下げてもらいましょう。

 

脱毛効果はやはり低くなってしまいますが、痛みがありすぎると、肌への負担も大きいのでよくありません。

 

施術を受けた後に赤くなったりした場合は、患部をこすらないようにしましょう。

 

 

脱毛初心者さんの場合、痛みが少ない光脱毛から始めてみるのがおすすめです。そして、脱毛の悩みをいろいろと相談できる話やすいスタッフがいるサロンを選ぶと、なにかと安心です。痛みが少ない脱毛サロンはこちらから

 

自分に合った脱毛サロンを選ぶことも、痛みを和らげる上で大切ですね。